EDの症状を引き起こす原因とは!若くてもEDに悩んでいる男性は増えています

EDの症状を引き起こす原因は老化だけではありません。若い世代であっても症状に悩みを抱える男性は増えています。生活習慣の乱れやストレスなどによって症状が出ることもあり、解消方法としては原因を改善していくことが重要です。

*

男性更年期障害とEDの関係

   

EDと男性更年期障害の2つの症状はたいへん密接な関係にあります。その根拠のひとつと言えるのが、どちらの症状も年代が高くなるにつれて発症しやすくなることです。

更年期障害の影響で40代男性の約2割がED

例えば、EDを例にとると、40代の男性は約2割、50代男性で4割、60代に至っては約8割がEDであると推計されています。しかも、EDを発症するタイミングは、男性更年期障害にかかる時期とほぼ一致することは医療現場からも判明しているのです。

では、両者はなぜ同じようなタイミングで発症しやすくなるのでしょうか。この点、どちらの症状も男性ホルモンの減少という原因で共通しているからです。

加齢とともに減少するテストステロンが原因

中でもテストステロンというホルモンが加齢とともに減少することが、これらの発症の直接的な原因です。
テストステロンとは、筋肉量と質を維持し、脂肪の減少させ、造血を促すなどの作用があり、男性らしい体つきを作る役割を果たします。同時に、集中力ややる気を高めるなど、メンタル面においても男性らしさをもたらします。
テストステロンが加齢とともに減少していくにつれ、筋力低下や疲労感に加え、うつをはじめとする男性更年期障害を引き起こすのです。

テストステロンは性機能に影響がある

また、テストステロンは男性の性機能にも大きな影響を与えます。いわゆる男性の性欲や性への衝動は、テストステロンの作用のひとつで、男性がセックスを行うために必要な興奮、勃起といったスイッチを入れる役割を果たします。
40代頃から顕著に現れるテストステロンの減少によって、性の悩みが発生しやすくなります。

更年期障害の改善はEDの改善にもつながっている

このように、男性更年期障害とEDは、テストステロンの減少という共通の原因によって発生するものです。最近では、男性専用のクリニックなどでは、テストステロンを投与することによって、更年期障害の改善を狙うところも増えています。

この治療は、直接的にはテストステロンのやる気や集中力にアップによって、少しずつうつ状態から抜け出すことを目指していきます。しかし、同時に性欲の向上やEDの改善にもつながっているとされています。