EDの症状を引き起こす原因とは!若くてもEDに悩んでいる男性は増えています

EDの症状を引き起こす原因は老化だけではありません。若い世代であっても症状に悩みを抱える男性は増えています。生活習慣の乱れやストレスなどによって症状が出ることもあり、解消方法としては原因を改善していくことが重要です。

*

SEXになると萎えてしまうのもEDの症状の1つ

      2018/01/03

勃起不全やインポテンツやED、色々な呼び方がある男性の下半身の悩みですが、実はほぼほぼ同じ症状を指しています。ただ単に呼び方が人によって異なるだけです。

EDの症状は性的刺激を受けても勃起しない

性的刺激を受けたにも関わらず、直ちに陰茎が立ち上がらない様子を、それらの言葉は指し示しており、医学的にはEDの症状に該当します。性的刺激とは文字通り、性器や性感帯を女性に刺激される事です。陰茎を触られたり、乳首を愛撫される等です。

また視覚による性的刺激もあります。パートナーの女性が目の前で衣類を脱ぎ、豊満なバストや自らの秘部を露わにすれば、男性の脳には激しい刺激が伝わります。またアダルトなDVDや漫画を見る事も性的刺激です。

女性の乳首やお尻や淫らな様子を見れば、自然と下半身に血液が流れ込み、心身共に健全な男性であればペニスが直ちに立ち上がります。無意識的な反応ですので、特に男性が強く念じなくも、ペニスは性的刺激によって反射的に勃起します。むしろコントロールする事が難しい生理的な現象でもあります。

勃起はするがSEXになると萎えてしまう症状もED

しかしEDになってしまった場合は、性的刺激を受けても、ペニスがなかなか立ち上がらなくなります。完全に勃起力が喪失するパターンもあれば、一方で勃起自体は可能な方々も少なくありません。

どちらかと言うと本当にペニスが立ち上がらないEDの症状は稀であり、大半のパターンは勃起自体は可能だが、なかなか陰茎全体が固くならない、あるいは完璧に勃起するために長時間の愛撫を要する、更には勃起は比較的簡単に済むが、セックスを始めようとすると突然陰茎が萎えてしまう等の症状です。

特に最後の症状はある意味で最も辛いものかもしれません。正常にペニスは勃起し始めるものの、ペニスの硬さが数分で勝手に切れてしまい、射精に至る前に萎えてしまえば、男女双方がセックスを通して満足感を得られません。

一時的にペニスが固くなったとしても、それがピストンの途中に、しかも本人の意思とは別に萎えてしまったら、射精は全く出来ず、辛い結果になります。