EDの症状を引き起こす原因とは!若くてもEDに悩んでいる男性は増えています

EDの症状を引き起こす原因は老化だけではありません。若い世代であっても症状に悩みを抱える男性は増えています。生活習慣の乱れやストレスなどによって症状が出ることもあり、解消方法としては原因を改善していくことが重要です。

*

頻尿とEDの関係

   

年を取ってくると、頻尿に悩むというのは、よくある話ですが、男性器が勃起しないEDと深く関係してることがります。
というのも、どちらも前立性肥大によって引き起こされているかもしれないからです。

頻尿はEDの前触れ

前立腺肥大症というのは、膀胱の下にある男性の生殖器官の一つで精液を送る役割を持つ前立腺が、何らかの理由で大きくなってしまう病気です。
この前立腺肥大が起きると、最初に膀胱が圧迫されてしまうので、まず症状として頻尿が表れます。

前立腺肥大症の治療でEDになることも

前立腺肥大症になってしまうと、通常よりも高い確率で男性機能低下が起きてしまうことがわかっています。ですから、前立腺肥大症の治療を行えば、頻尿もインポも解消される事が多いのです。

前立腺肥大症の手術が原因でEDになることも

前立腺肥大症の治療を進めていく時に注意しなければいけないことがあります。

薬物治療を行って期待するほどの効果が現れないときに、肥大した前立腺を摘出する手術が行われます。手術により前立腺の周辺にある神経に傷を付けてしうと、EDが引起されてしまう危険性があります。

前立腺肥大症によるストレスや薬の影響でEDになることも

前立腺肥大症になった患者が頻尿になってしまうと、外出するのも大変です。

もしも、誰かといるときに漏らしてしまうと恥ずかしいということで、精神的な重圧を感じてしまうことになります。そのストレスで男性機能を低下させてインポになってしまうこともあります。

他には、治療のために飲む薬が、ホルモンに影響を与えるものもあり、そのために男性機能が低下してしまうこともあります。

頻尿の先にはEDの可能性が大

つまり、頻尿になっているならば、前立腺肥大症になっている可能性があり、その症状や治療の影響でインポになってしまうことがある、ということを流れがあることがわかれば、密接な関係があるということがわかるのです。

このことを踏まえると頻尿になったら、その先にEDになる可能性が高くなるということで、最近排尿する回数が増えてきたと感じたならば、早期に病院で検査をして治療を行うことがEDの予防につながります